にゃんおぺ育児

日々成長していく子供たちとの今を忘れたくないからはじめたブログ。

家族って大事よ

『うぅぅぇぇぇぇ゛ぇ゛ーーーー』

散歩帰り、たい焼き屋さんが閉まってしまいちびたん大号泣で帰宅しました。

私は慰める等の受け答えができませんでした。したくありませんでした。

上手く切り替えれないときもあるんですよね。

 

今日は、ちびたんと散歩中にたい焼きを買って帰る約束をしていました。

でも帰宅途中にちびたんが『おしっこあと一分で漏れる』と言い出したので、
たい焼き屋なんてもちろんスルーして一目散に帰ってきたのです。

家の前まで着くと今度は、『ねえママたい焼き買うってやくそく。。。』と言い出します。

なんじゃその余裕は、と思って問いただすと、トイレに行きたいというのはうそだとわかりました。
(最近この "おしっこ洩れる" の嘘をよく使います。私の反応が楽しいのかな。。)

『なんでそんな意味わかんないウソつくの!』と怒りながらも、200m 先のたい焼き屋に戻ったのですが、店じまいをしてしまいましたとさ。。(多分通り過ぎたときのお客さんで最後)

『おしっこ行きたいとか無意味なウソつくからこうなるの!』とただでさえショックを受けているちびたんに追い打ちをかけてズンズン歩いて帰ってきたのでした。

 

帰ると、くまさんがいて、泣いているちびたんに
『どうしたのー』『あらーたい焼き買えなかったのかー』と優しく声をかけながら抱っこしてあげていました。

私はまだまだ鼻息荒く、そっけない態度をとってしまいましたが、
くまがちびたんをなだめてくれている間にようやく落ち着きを取り戻すことができました。

そのあと、クリーニング屋さんにいったくま、コンビニでたい焼きのスイーツを買って帰ってきてくれました。

ちびたんに笑顔がもどりました。
小さなたい焼きを少しちぎってお母さんに『はい』っとくれました。

 

やっぱり家族って大事よ。
私の方がこどもたちと接する時間が長いから、こどもの扱いも慣れているのかもしれない。
けれど、やっぱり一人だけじゃだめなときはあります。
子供に逃げ道を残してあげておきたいけれど、なぜかできないときがあります。
そんなときにこどもの救世主が必要です。それは私の救世主でもあるのかもしれません。

ちびたんやおまめとくまが触れ合っているとき、一番うれしい気がします。

10分もないくらいの短い時間だけど、自分も充電できる気がします。

そんな我が家の救世主はぜんざいを作って嫁さんと仲良く食べたのでした。

おまめ、8カ月に突入

今日でおまめが8カ月に突入しました。

と、おまめ記録を一面に書こうと思ったのですが、朝からちびたんを怒ってモヤモヤが止まらないのでまずはそこから。

小生意気な4歳児

先日ちびたんの天使っぷりを書きましたが、まだまだお姉さんでは無いわけで、
賢くなるからこっちも意地になって怒ってしまうことがあるわけです。

nyagemitsu.hatenablog.com

昨日と今日はそれが多く、きっかけは本当にしょうもないこと。
・寝る前にブロック遊びをし、一人で散々遊んだ挙句、本当は一緒にベビーカーが作りたかったと言い出す。
・朝最後に見る Youtube を約束してもなかなか来ない。
・登園時間(約束した時間)を過ぎても遊んでいるちびを待ち、いよいよ出発という玄関先で『自転車でいきたい』と言い出す。

私の怒り方は
『約束したんだからしないよ』とか
『お母さんはずっとちびに言ってるのにちびが聞いてくれないから怒ってるの』とか
『そんなんお母さん待ってるのに今になって言わないでよ』とか。

文字にしてみると同じような内容だな。

そして泣いているちびの訴えは
『ちびちゃんね、ママのこと大好きなのに、そんな風に怖いのは嫌なんだよ』

この反応は最近するようになりました。
私は予定が狂うのが本当に嫌いという点を理解しているので、こどもにあわせてあげればいいのですが、こんな風に言われると逆に『泣いたらいいと思うな』と思ってしまっています。。。
うー。。。でも確かに、一緒に遊んでニコニコしているよりも、あれだめ、それだめ、の方が多くなった気がしています。

そして、ちびたんに "お姉ちゃんだから" とは口にはしないまでも、
ちび姉ちゃんに甘えすぎたり、期待しすぎたり、我慢させすぎたりすることが多分にあったと気が付きました。
ほいで、やっぱり話を聞いてあげなければだめですね。
言葉がどんどん達者になるからつい大人を求めすぎてしまいますが、まだまだ子供なのです。

ごめん、余裕がない私がいけなかったよ。
自転車で迎えにいくからっ

おまめの成長記録

8カ月のおまめの成長を記録しておきます。

・つかまり立ちもどきをするようになる
小柄で活発なおまめ、つい最近お座りが安定するようになったと思ったら、つかまり立ちをしようと挑戦するようになりました。
ひょろううと立ってはそこら辺のものにぱくついています。
まだへにょへにょしていますが、なんだか直にすたっと立ち上がりそうです。

・筋力があがる
いっぱい体を動かすからか、力が強くなってきました。
いままでは這い上がろうとしていたバウンサーですが、現状つかまって倒してしまうようになりました。

・離乳食が1日2回になる
下痢の原因も離乳食ではないとわかり、離乳食もこれまで通りに再開、夕方に2回目のお食事を追加しました。

・マグスパウトをはじめる
離乳食の後に麦茶を与えたく、マグスパウトを使いはじめました。
吸てつ反応がしっかりあるようで初めてでも上手にスパスパ飲んでくれました。

・上の前歯が生え始める
ちょこっとですが上の歯が生えていることを確認しました。

・ダメ!といっても笑う
7カ月児健診のときに、だんだんと親の表情や感情がわかるようになりますよ、と言われましたが、こいつあ、怒ってもにっこにこです。
おまめを怒ると、『まだ、あかちゃんだからしょうがないよ』とちびたんに諭されます。

*好きな遊び*
なんでも笑うからよくわかりませんが、
飛行機ごっこ、お腹をぶぶー、手遊び歌、たいこのまね、ちびたん
で遊んでいます。

*心配事*
下痢の症状も処方薬のお陰で治まってきました。 
お医者さんと相談し、もうしばらく薬は続けますがすこし安心しています。

稀勢の里に涙

昼ご飯を食べながら、なんとなくバイキングを見ていた。

稀勢の里の引退会見

何かのヘッドラインで引退したことは知っていた。

大相撲、見だすと何気に楽しいし嫌いではない。

稀勢の里、休場続きだなくらいに思ってた。

『一片の悔いなし』か。。

引退会見の VTR を見ながら、私の方が悔しくて泣けてきた。

なんだろうね、よくわからなけどたくさん涙があふれてきた。

記憶に一番残る過去の取組が VTR で流れて、

なんとなく稀勢の里の目が涙で光ったように見えた。

人生かけてるんだろうな。

そんな取組や会見だった。

なんだか、もう少し見てみたかったなあ。

【Udacity Week 10 Progress】JavaScript で Pixel Art Maker 作りに挑戦

JavaScript のレッスンを完了したので、Pixel Art Maker プロジェクトに取り掛かりました。週末にプロジェクトの概要を読み、昨日と今日でなんとか形になりました。
プロジェクトは一旦提出してみたので明日までにはレビューがかえってくると思われます。

今日はそんな Pixel Art Maker 作りの軌跡をつづっておきます。

不安だけしかない Day 0
下図のように予め形成された html ファイル、CSSスタイルシート、と空っぽの JS ファイルをダウンロードします。
プロジェクトのスペックを確認します。

・ユーザーが入力した Height と Width に併せてグリッドを作成する
・ユーザーがクリックすると□に色がつく
・色を変更できるようにする

f:id:nyagemitsu:20190116095437p:plain

少しだけ形になってきた Day 1
Submit ボタンを押すと入力されたHeight と Width の値でテーブルを作ろうとするところまでできました。
Submit ボタンを押すとページがリロードするという動作になったので、preventDefault を入れたりしました。

あと、別の数字を入力して Submit ボタンを押すと、前回のテーブルが残ったままの状態で新しいテーブルが追加されていました。

テーブル内の□をクリックすると、色がつくようになったのですが、複数セレクトされたり、テーブル全体がクリックされると下図のように全部選択された色で塗り替えられるという動きになってしまいました。

f:id:nyagemitsu:20190116095441p:plain

できたかも?の Day 2 

・テーブルがうまくつくれない問題
Height と Width の数値からどうやってテーブルをつくるかを子育ての合間に考えたところ、Row と Column に分けてループすればできるんじゃないかと思い、試してみました。

・テーブルがクリアされない問題
ページをリロードしないとテーブルがクリアされない状態だったので、Submit ボタンを押すとテーブルがクリアされるような動作を追加しました。

・全部の□の背景色が塗りつぶされる問題
□単体がクリックされたときだけ塗りつぶすように条件式をいれてみると、うまくいきました。

f:id:nyagemitsu:20190116153856p:plain

形にはなったものの、正直ちゃんとスペックに沿ってできているのか不安だったので、一旦提出してみることにしました。

プロジェクトに取り掛かったときは、自分の力だけでできるとは思えませんでしたが、
『あ、これあそこで習ったやつを使ったらできるかな』とか
『どっかで聞いた気がするな』とか
そういった記憶を手繰り寄せて参考資料をみたりしてなんとかつくることができました。

後で戻ってくるだろうから、よくみた資料を記録しておこ。

 <参考にした資料>

addEventListener()
createElement()
appendChild()
イベントの種類
preventDefault()
removeEventListener()
removeChild()

くるくるぱぁ

あの、人を馬鹿にするときのクルクルパーではなく、寝かしつけのお話。

こどもをすぐに寝かしつける方法の話ではないです。

ちびたんに、寝るとき『くるくるぱぁして欲しい』とお願いされることがあります。

お昼寝の時に、担任の先生がしてくれるようなのですが、

おててにくるくると円を描き、その後、描いてる手でパーをつくります。

手を動かしながら『くるくるぱぁ』と囁きます。

このくすぐったい感じが好きで上手くやると寝てくれるみたい。

私は途中で飽きて『もういいでしょ』と終わりにしてしまいますけど。

おまめと一緒の生活が始まって3、4ヶ月のころ、寝るときに甘えたいのかよく『くるくるぱぁ』のリクエストをされました。

当時はちょっと(いや、結構)嫌気がさしていました。

久々のリクエスト、今日は特に気持ちの落ちついた日だったので、大きな心でお応えしました。

こしょばければなんだって良さそうなので、

『くるくるぱぁ』に加え、

アルファベットと数字(30まで)をおててに書いて教えてあげました。

どうせ寝ないけど

お母さんやっぱすぐ飽きるけど

小さなおてて

あったかいおてて

『もう寝るからね』といって突き放してみては、

怖いというちびたんに『おててつなごう』といって安心をもらいます。

お母さんの作業場

本格的な "後追い" はまだまだですが、

おまめ、お母さんの近くが大好きです。

テーブルで作業をしていると、いつのまにか足元に座って何かしゃぶるものを探してます。

テーブルや椅子の下に突進して頭をぶつけたり
何かしようとして頭から転んだり

『ふぇーーーーん』といって抱っこしてもらってます。

お母さんの顔が見えないと不安なのかもしれないな、と思い

椅子にパソコンを置いて作業することにしました。

お母さんの足に乗っかってきたり
パソコンをいじろうとしたり

おもちゃに飽きて『ふぇーーーーん』と逃げ帰ってきますが、
テーブルで作業しているよりはマシみたい。

〈お母さんの作業場〉

 

ねこたまはちびたんのおもちゃの段ボールに入って安心してました。

良き日

ちびたんが凧揚げをしたいというので、公園に遊びにいきました。

晴れ着姿の新成人がちらほらと。

おめでとう

天気もよく良い日になったんだろうな。

私たちも良い日を満喫してますよ。

保育園で作ったビニール袋製の凧、全力疾走であげてます。

別行動だったくま、とっくに公園から帰っているころに電話があり、
『凧あげてるかと思って公園いったんだけど、いないのか』だって。
今朝は、自分の予定ばっかり入れて、『家戻る必要ある?』とぶっきらぼうな受け答えしかしないから、こっちも呆れていたけど、
あなたもちゃんと考えてはいるのね、とも思いました。

今日は、じいちゃんとばあちゃん(義父母)が私の誕生日のお祝いディナーをしようといってくれました。

少し早めに家に誘って、成長しているおまめをキャッキャ眺めながらまったりしました。

折角なので、撮っておいたちびたんのお楽しみ会のビデオも鑑賞。
いつだか皆でいった群馬サファリパークのビデオもみながら、今度はちびたんの成長にキャッキャしました。

おいしいごはんを家族皆で食べて。
ばあちゃんは全力でおまめやちびたんをあやしてくれて。
じいちゃんはこれまで食べた美味しいものの話とかして。
いつものくま一家です。

おまめやちびに会う口実かもしれないけど、
嫁さんの誕生日祝いしてくれるなんて、いい家族です。
『私が嫁でよかったでしょ』と図々しく思ったりもしてます。

ホームステイでも100%素敵な家族のところにお世話になったにゃげみつ。
私、家庭運めちゃくちゃいいんだろうな。

良い日でした。